ニューエンズのメイズ・オブ・オナー


f0380234_05392017.jpg
イギリスの伝統菓子メイズオブオナーは薄いタルト生地にチーズカードを入れて焼いたエッグタルトに似たお菓子です。
その由来はとても古く、ヘンリ−8世の時代に遡ると言われています。
女官たちの食べるケーキをヘンリ−8世が食べ、たいそう気に入られたとか。そのタルトを発明したメイドはレシピを守るためにリッチモンド宮殿から出ることを許されなかった!という話もあるほどです。

ひつこくないさっぱりとした味は、パクパクって3個くらいは行けそう〜。

キューガーデンにある18世紀から営業しているNewens は元祖メイズ・オブ・オナーを名乗っています。
お店はキューガーデンのキュー植物園のすぐそば。
f0380234_06321197.jpg
お店の外には引退したトラックが可愛らしく飾られているのですぐにわかります。
f0380234_06305244.jpg
ピンクが基調の可愛らしいティールーム
f0380234_00145903.jpg
f0380234_00153940.jpg
お昼時にはパイやキッシュと野菜がセットになったランチョンがオススメです。
f0380234_00153123.jpg
メイズオブオナーは左のショーケースに入っています。その他のストロベリータルトやエクレアもとっても美味しそう。
f0380234_00154616.jpg
もちろんスコーンもあります。
それぞれのお店で違う味わいのスコーンは
必ずチェックしてしまいます。
素朴な味だからこそいつでも食べられるのでしょうね。

私がクラリッジズで働いていた時も、
㊙︎だけどお腹が空いたらつまみ食いしていたのはスコーンでした。必ず誰かが ”2つに割ったその半分を頂戴”って言う子がいるのですよ。
しっかりジャムとクロテッドクリームをつけてあげました。←面倒見の良い私(笑)
f0380234_00273137.jpg









by atchika | 2017-07-26 05:37 | イギリスの街角からお店の紹介 | Comments(0)

イギリス在住、現役パティシエ・ショコラティエの私、渡辺ちかがお菓子と共にイギリスのお出かけ、日々の暮らし&イギリスとヨーロッパの街を紹介するブログです。ホームページ www.chikawatanabe.co.uk


by Chika
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31