人気ブログランキング |

マリオットホテル・ラッゲージルームのアフタヌーンティー

f0380234_01314271.jpg
ロンドンのアフタヌーンティーは伝統的な形から発展し、いろいろなテーマを持つものが目立ってきました。ここマリオットホテルのバーであるラッゲージルームのアフタヌーンティーはスィーツよりもセイボリーを中心にしたもの。さすがにバーですから、甘いものよりも塩味ベースのものをという方にはオススメです。

3段に使っているこの箱。昔は薬を輸入するのに使っていた箱。ところがいつの世にも密輸はあるのですね、この箱にこっそりとアルコールを隠して輸入していたとか。。
面白いところに目をつけました。

紅茶は沢山の種類の中から好きなものをいくらでも注文できます。
f0380234_01323936.jpg

まずは下段から。タルト型に添えられたクリームチーズとマッシュルーム
バターがしっかりと効いたタルトなので、意外とお腹に満足感を与えてくれます。丸いパイはクリームフレッシュのボロヴァン、
ローズマリーのセイボリースコーン。
f0380234_01314815.jpg

天然鹿のお肉のソーセージロール、サーモン、このバーオリジナルのスコーンのトライフルは下に大写しの写真を入れましたが、なかなかのアイデア。可愛らしい瓶に入ってます。ソーセージロールはソーセージのお肉をパイ生地に包んで焼いたもの。イギリス定番のスナックですが、鹿肉となると高級感が出ます。

f0380234_01322858.jpg

このトライフルというお菓子はカスタードクリームに余ったスポンジやゼリーや果物をごちゃっと混ぜ入れてたもの。大きな器に盛ってトップを生クリームで飾って出てくるのが定番の形なのです。こんな可愛らしい瓶に入るとまるで別物。
f0380234_01322058.jpg
トライフルの瓶に隠れた丸い揚げ物。。これはスコッチエッグと言いまして、これもイギリスの定番スナック。英国人は温めずにそのままがぶりと食べます。(私は肉類はやっぱり暖かいほうが美味しいと思うのですが。。。)少し塩味のきいたひき肉で茹でた卵を包み衣をつけてあげています。
f0380234_01321208.jpg
上段には待ってました、伝統的な甘いケーキが並びます。キャロットケーキ、ビクトリアンスポンジケーキ、チョコレートケーキ、ラムシラバブ。このショットグラスに入ったラムシラバブはクリームとラムを混ぜ合わせた飲み物。今ではあまり出されることは無いけれど、忘れてはならないトラディショナルなもの。

メレンゲのお菓子は最近よく見る塩キャラメルが挟まったお菓子。
見た目にも可愛らしい。
f0380234_01324941.jpg




by atchika | 2017-09-03 02:03 | アフタヌーンティー | Comments(0)

イギリス在住、現役パティシエ・ショコラティエの私、渡辺ちかがお菓子と共にイギリスのお出かけ、日々の暮らし&イギリスとヨーロッパの街を紹介するブログです。ホームページ www.chikawatanabe.co.uk


by Chika
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30