ウェールズのドロップスコーン

ウェールズの伝統菓子のドロップスコーン。。
ウェールシュケーキとも呼ばれるこのお菓子を追い求めてウェールズを訪れます。

駅前から賑やかな大通りがすぐ見えます。
この大通りにマーケットの入り口があるのです。ここは野菜、果物、チーズ、肉類と言ったウェールズの美味しいものが一同に集まったマーケット。
マーケットはその土地の食を写す大切な場所。必ず訪れます。
f0380234_02443076.jpeg

f0380234_02433500.jpeg

ウェールシュケーキは厚さが1センチほどの柔らかなクッキーのような感じです。
スパイスがよく効いていて、こちらのお店には沢山のブレーバーがありましたが、
やはり人気はトラディショナルなカラント入りのようです。
f0380234_02540657.jpeg
ウェールシュケーキはオーブン焼きではなく、このグリドゥルと呼ばれる鉄板で焼かれます。
私も催事で作ったことがありますが、オーブン焼きと違い目が離せません。ランチ休憩にも行けなかったけれど、なぜが焼いている時はとっても心落ち着いて、癒しの時間でした。
f0380234_02535019.jpeg
f0380234_02580026.jpeg

ウェールズ城の直ぐ近くにあるティールーム.
http://www.pettigrew-tearooms.com
沢山の可愛らしいケーキが狭い店内に並んでいます。
f0380234_02362491.jpeg
f0380234_03015026.jpeg
ここでのウェールシュケーキはは可愛らしいポットの形をしています。
f0380234_03014318.jpeg

ウェールズの街にはこのようなパッセージが沢山あり、お店探しが本当に面白い。
ウェールズケーキは色々なお店で売られていますが、やはり店頭で焼いてくれるのを買うのが私は好き。
バターの良い香りにそそられてついつい多めに買ってしまいます。(苦笑)
f0380234_03070882.jpeg
f0380234_03070009.jpeg



by atchika | 2017-08-10 02:36 | イギリスの街角からお店の紹介 | Comments(0)

イギリス在住、現役パティシエ・ショコラティエの私、渡辺ちかがお菓子と共にイギリスのお出かけ、日々の暮らし&イギリスとヨーロッパの街を紹介するブログです。ホームページ www.chikawatanabe.co.uk


by Chika
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31