リスボンのオススメのお菓子屋さん Confeitaria National

f0380234_22214276.jpg
f0380234_22200655.jpg
リスボンの有名なお菓子屋さん,Confeitaria Nacional.
創業1829年の古い歴史を持っています。
古い店内は綺麗に手入れが行き届き、まるでタイムスリップしたかのよう。

上の写真は量り売りのビスケットと小さい焼き菓子。
黄色の生地が目立つのですが、卵を多く使いっているせいでしょうか。
フランスのバターのリッチな味と比べたら、とても素朴な懐かしい味がします。
f0380234_21550034.jpg
リスボンにはこのような古い歴史を持つお店が沢山あります。
街を歩いていると、残されたものを後世に受け継ごうとする
ポルトガル人の堅実さを随所で感じます。
f0380234_21561065.jpg

コーヒーの美味しいポルトガルですが、是非試して頂きたいのが
麦コーヒー!? コーヒー豆ではなく麦からできた飲み物。
麦茶を濃くしたような味で、さっぱりとカフェインなしの飲み物です。
f0380234_21555168.jpg
プリンのケーキ。濃厚な卵の味でどこのお店でも見つかる人気のお菓子。
f0380234_21565018.jpg
毎日食べても食べきれないくらい、沢山の種類のお菓子が並びます。
一人で来たマダムはここのカウンターでお菓子とエスプレッソを頼み、ささっと食べて去って行きました。
ここまで生活に密着したお菓子文化は他にはないかもしれませんね。
f0380234_22190365.jpg
オレンジ色のこのお菓子は卵と砂糖で出来ています。Castahnas de Ovo。
ovoは卵という意味で、ポルトガルのお菓子には数多く登場するもの。卵黄と砂糖のすごくシンプルなお菓子。
とっても甘いけれど、卵の美味しい味がするお菓子です。

なぜこんなに卵のお菓子が多いのでしょう?
その昔修道院から始まった菓子カルチャー。
修道僧になるための支度金を鳥や卵で支払われていたという経緯から
このような菓子文化が修道院から始まったらしいです。
f0380234_22172518.jpg
f0380234_22184385.jpg


しっとり感のあるフルーツケーキ。Pao de Frutas

f0380234_22450185.jpeg
店内には昔使われてお菓子の道具が飾られています。
まるで敬意を示すように、綺麗なショーケースに入った道具。
ちょっとした博物館です。
f0380234_22165249.jpg
今のコーヒー文化を支えてきた、コーヒーマシーン。
f0380234_21562600.jpg
数々のブリキ製のお菓子の型。
f0380234_21563686.jpg
お店の情報:
confeitarianacional.com/en/home-3/

by atchika | 2018-02-21 20:08 | ヨーロッパの街角からお菓子探索 | Comments(0)

イギリス在住、現役パティシエ・ショコラティエの私、渡辺ちかがお菓子と共にイギリスのお出かけ、日々の暮らし&イギリスとヨーロッパの街を紹介するブログです。ホームページ www.chikawatanabe.co.uk


by Chika
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31