人気ブログランキング |

1位受賞のカフェinストラトフォードアポンエイボン

ロンドンから電車で2時間30分ほどでストラトフォードアポンエイボンに到着。
オックスフォードの近くにあり、
ここは劇作家ウィリアムシェイクスピアの生誕地としてとても有名な場所です。
シェイクスピアに因んだお菓子が無くて残念ですが、
その頃16世紀後半は、一般市民に手の届く砂糖は無かった時代。
イギリスの皇族ですら、砂糖は銀のように高価なもの。。。

今世のスコーンは実に沢山の種類があります。
このホブソンズのスコーンはクリームたっぷりおよそ10センチほどの高さがあり、
連日売り切れてしまうほどの人気。。(と言うことを後で知りました💦)
ホブソンはローカルのコンペティションで2017年にレストラン&カフェ賞の1位に輝いたお店です。
1位受賞のカフェinストラトフォードアポンエイボン_f0380234_02463046.jpg
1位受賞のカフェinストラトフォードアポンエイボン_f0380234_16134336.jpg
1位受賞のカフェinストラトフォードアポンエイボン_f0380234_02255872.jpg
伝統料理のコールドポークパイ
1位受賞のカフェinストラトフォードアポンエイボン_f0380234_02485494.jpg

店内のショーケースには迷ってしまうほど20種類ほどのケーキがあります。
私が気になったもの↓アップルクランブルケーキ、バノーフィーパイケーキ、アプリコットチーズケーキ
1位受賞のカフェinストラトフォードアポンエイボン_f0380234_02245182.jpg

そして、ビクトリアンスポンジケーキのラベンダーレモンバージョン。
1位受賞のカフェinストラトフォードアポンエイボン_f0380234_03300273.jpg
チーズスコーン、レーズンスコーン、サフランバンズはお店コーニッシュベーカリーより。
田舎に行くほどスコーンが大きくなると言われますが、まさにこのチーズスコーンは直径8センチ高さ4センチ位の
巨大なスコーンでした。
1位受賞のカフェinストラトフォードアポンエイボン_f0380234_03121184.jpg
このチーズスコーン、ハンバーガーサイズですよ〜!
1位受賞のカフェinストラトフォードアポンエイボン_f0380234_03093108.jpg
皆スコーンに?!見入ってました。(笑)
1位受賞のカフェinストラトフォードアポンエイボン_f0380234_03115630.jpg
では少しウィリアムシェイクスピアの事を。。

シェイクスピアは誕生日と命日が同じ、1564年4月23日にストラトフォードアポンエイボンに生まれ、
52歳で亡くなりました。
ギリシャ語がわからずに苦労したとか、記録があまり残っていないので実際は複数の人の共著だったとか
(『シェイクスピアを楽しむために』阿刀田高著より)興味津々の旅になりました。

シェイクスピアが埋葬されている、トリニティー教会。
ここで洗礼を受け、死後ここに妻と子子供と共に埋葬されています。
この写真(左下)のシェイクスピアが一番本人に似ていると言われているらしいです。

1位受賞のカフェinストラトフォードアポンエイボン_f0380234_02305477.jpg
シェイクスピアの生まれた家。ここには皮手袋職人であった父の仕事現場を再現したり、
シェイクスピアの功績がわかりやすく展示されています。
1位受賞のカフェinストラトフォードアポンエイボン_f0380234_02594704.jpg
ストラトフォードアポンエイボンの街並み。チューダー朝の古い建物が今でも数多く存在しています。
今なお人が住み続けるチュダー朝の長屋。
1位受賞のカフェinストラトフォードアポンエイボン_f0380234_02254189.jpg

地方に行って嬉しいのは、昔風のパブが多いこと。
The Old Thatch Tavern。このパブは大手ビール会社の Fuller'sが経営するパブで、
Fuller's は古き良きパブを買い取り修復をして現在に残すことを理念としていると聞いたことがあります。
1位受賞のカフェinストラトフォードアポンエイボン_f0380234_05074452.jpg
ローストのポークを頂きました。
たっぷりのグレービーソースが付いてきます。
付け合わせの野菜も沢山です。
1位受賞のカフェinストラトフォードアポンエイボン_f0380234_02512292.jpg
デザートはこの地方のプラムクランブル。
暖かいカスタードソース付き。
このようなカスタードソースは、粉から作る↓を使用しているところが殆どですが、
昔懐かしい味で私の好み。
学生の頃、イギリス南部に留学時、ホストファミリーが作ってくれたデザートの味なのです。
しつこくなくて、口の中でさらっと溶けちゃうところが好き。
もちろんリッチなフレンチペイストリークリームも好きだけど。
イギリス好きの皆さんが、お土産に沢山お持ちかえりになるのわかります!
1位受賞のカフェinストラトフォードアポンエイボン_f0380234_02513038.jpg

未だに変わらないこのパッケージ(右)も好き😍
1位受賞のカフェinストラトフォードアポンエイボン_f0380234_05150839.jpeg
今回行けなかった、ストラトフォードアポンエイボンで一番古いパブです。
中に入ると1400年代からの建物の所有者のリストが壁にかかっています。
一時は娼婦宿にもなったいたらしいですね。なんと歴史のある建物でしょう。
ここには1500年代から飲まれているエールビールがあるそうですよ。
1位受賞のカフェinストラトフォードアポンエイボン_f0380234_03022710.jpg
ハサウェイティールーム。
1位受賞のカフェinストラトフォードアポンエイボン_f0380234_02325820.jpg

テールームの名前の由来となったシェイクスピアの8歳年上の妻、アナハサウェイの実家。
内部は昔の様子を再現しています。
1位受賞のカフェinストラトフォードアポンエイボン_f0380234_02291433.jpg
台所にはバターの形を整えるヘラと、右奥下にはバターを作ったとみられる木桶が展示されていました。
1位受賞のカフェinストラトフォードアポンエイボン_f0380234_02491140.jpg


お店の情報:
Hobsons
http://hobsonspatisseries.com
Old Thatch Tavern
http://www.oldthatchtavernstratford.co.uk
Garrick Inn
https://en-gb.facebook.com/thegarrickinnstratford/





by atchika | 2018-04-02 05:46 | イギリスの街角からお店の紹介

イギリス在住、現役パティシエ・ショコラティエの私、渡辺ちかがお菓子と共にイギリスのお出かけ、日々の暮らし&イギリスとヨーロッパの街を紹介するブログです。ホームページ www.chikawatanabe.co.uk


by Chika
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31