日本紅茶協会認定インストラクターの集まりーレモンドゥリズルケーキ&スコーン

私の大好きな英国菓子の一つに, レモンドゥリズルケーキがあります。
ドゥリズル drizzle と書きますが、日本語にすると霧雨。
雨の多い(苦笑)イギリスでは良く天気予報で出てくる言葉なのです。
”Tomorrow will be cloudy with rain and drizzle”
(明日は雨または霧雨を伴う、曇りがちの日となる見込みです)という感じに。

では霧雨とレモンケーキに関係はと言うと。。。
実はdrizzle にはもう一つ意味があり、軽く食べ物の上に注がれると言う意味があるのです。
これもまた日常で沢山使われる言葉の一つ。
このレモンケーキのdrizzle トッピングが美味しさの決め手のひとつ。
粉糖、レモン、水を材料として作りますが、私はやや酸味の強い方が美味しい気がします。
drizzle はこちらの写真のような、トッピングが流れる感じの伝統的なものから
今は色々にアレンジされたのをよく見ます。
f0380234_00535508.jpg
(Photo by: British Bake off )


東京で行った日本紅茶協会認定のティーインストラクターさん向けに、紅茶に合うケーキを紹介した時、
このケーキも紹介させて頂きました。大好きだから第一回目に登場しちゃいました。
2016年の 6月でしたが、ジメジメした季節にレモンでスッキリ! 
シニアインストラクターの方々にも多数参加頂き, とても良い評判でした。有難うございました。

f0380234_00425927.jpg

f0380234_00333186.jpg
f0380234_00282696.jpg

そしてもう一つはスコーン!
第一回目ということもあり、やはり代表選手はスコーン。
皆さん幾つかスコーンのレシピはお持ちのようでしたが、
更に違うレシピのスコーンにもチャレンジしたいとのことで、
今回はホテル風のスコーンを。

スコーンは簡単なようでコツを掴むまでは失敗も多いのです。
ホテルでは綺麗な形、つまり綺麗に背が高くまっすぐ上に膨らんでいなければ、お
客様にお出しすることはできなかったですからね。
膨らみ方に関して沢山ご質問いただき、皆さんの真剣さが伝わってきました。
グルテンをいかにコントロールできるかが勝負。
今夏の英国菓子マスタークラスコース1にも登場します。
(詳細:https://atchika.exblog.jp/fp/course/ )

f0380234_00092410.jpg
ロンドンのアフタヌーンティーでも、ホテルによってスコーンのお味は違いますから、
これもアフタヌーンティーの楽しみ、と私は思っています。
アフタヌーンティーはとてもボリュームがあり、食べきれないと思われる方。
クリームティーという、スコーンと紅茶のセットを出しているホテルもありますので、
どうぞ試してみてくださいね。

f0380234_03523749.jpg

f0380234_00113889.jpg

写真はオーガナイズしていただいた、安西さんにお借りしました。
色々とお世話になり、有難うございました。
引き続き、宜しくお願い致します。



by atchika | 2018-05-01 01:05 | コース&セミナー | Comments(0)

イギリス在住、現役パティシエ・ショコラティエの私、渡辺ちかがお菓子と共にイギリスのお出かけ、日々の暮らし&イギリスとヨーロッパの街を紹介するブログです。ホームページ www.chikawatanabe.co.uk


by Chika
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31