ハリー王子とメーガン妃の訪問

ご結婚によりサセックス公爵、公爵夫人のタイトルをエリザベス女王から授かった
ハリー王子とメーガン妃のサセックス訪問が10月3日から始まりました。

この公爵位は1801年 ジョージ3世からその6男であるオーガスタス・フレデリック王子に授けられたそうで、
その後この王子の2度の結婚が王室結婚令に反しているとして、一代で消えてしまっていた位でした。
実はウィリアム王子のご結婚の時にも、候補にあがっていた位でしたが、
実際ウィリアム王子はケンブリッジ公爵位を授かりました。

前サセックス公爵フレデリック王子の ”2度の結婚が王室結婚令に反する” なんて、
イギリス王室の結婚については今も昔も変わらず一悶着があったようですね。

時代に翻弄されたフレデリック王子がサポートしていたのは、
奴隷貿易の廃止や、ユダヤ人、カトリック教徒への自由だったそうです。
f0380234_20584866.jpg
(Photo by BBC News)

フレデリック王子の時代ならば、アメリカン・アフリカンのメーガン妃が
王室に受け入れられる事は無かったかもしれません。
王室プロトコルに反するとしてフレデリック王子ができなかったことを
このカップルが受け継いでいるかのように思います。

このブログでもサセックスの事を沢山書いていますが、
先日訪れたジェーン先生のお宅のチチェスターやブライトンも訪問先に選ばれたそうです。
今後のお二人が楽しみです。
f0380234_20480670.jpg
(Photo by Telegraph)


by atchika | 2018-10-08 21:26 | イギリスの色々 | Comments(0)

イギリス在住、現役パティシエ・ショコラティエの私、渡辺ちかがお菓子と共にイギリスのお出かけ、日々の暮らし&イギリスとヨーロッパの街を紹介するブログです。ホームページ www.chikawatanabe.co.uk


by Chika
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31