人気ブログランキング |

ステニングの街のルバーブスコーン

ハリー王子とメーガン妃が訪れた南イングランドが、私の中でブームになってしまっています。(スミマセン)
ルバーブの季節に訪れた、ステニングの街をご紹介します。
こちらは電車では行きにくい場所で、この日もイギリスの観光バスが到着していました。
The Steyning Tea Room.

ステニングの街のルバーブスコーン_f0380234_14062787.jpg
アフタヌーンティーセットがこんな庶民的に出てきました。
ロンドンのホテルのとはだいぶ違いますが、正真正銘イギリスの家庭のお味でございま〜す!
拳骨ほどあるルバーブスコーンには自家製のルバーブジャムが付いてきました。
サンドウィッチは種類を選べて、私はサーモンのサンドウィッチ。
ケーキ(下)はラズベリーケーキ。
リッチなスポンジにラズベリーが入った、どっしり&さっぱりなお味でした。
ステニングの街のルバーブスコーン_f0380234_14060417.jpg
ステニングの街のルバーブスコーン_f0380234_14065261.jpg
ステニングの街のルバーブスコーン_f0380234_14343362.jpg

やはり日曜日は閉店の店が多いのか、
静かな街でイギリスのセレブレーションケーキがウィンドウにディスプレイされています。
ステニングの街のルバーブスコーン_f0380234_14061933.jpg

1時間もあれば十分に回れてしまうほどの小さい街。。。いや村ですが、
アワードを受賞したローカルの野菜や食品を扱うショップがありました。
ステニングの街のルバーブスコーン_f0380234_14074206.jpg

ステニングの街のルバーブスコーン_f0380234_14095751.jpg

知らなければ見逃してしまいそうな、コートヤードの入り口を抜けると。。

ステニングの街のルバーブスコーン_f0380234_14335770.jpg
小さなストールがひしめき合うアーティスト達のコートヤードには、
沢山のクリエーションが並んでいました。
ステニングの街のルバーブスコーン_f0380234_14094990.jpg
Cobble Stone Tea House もめちゃくちゃレトロで可愛らしい。
こういうお店がずっと存続できる田舎の環境は、ロンドンに住む者には貴重です。
とっても癒されますね〜。
ステニングの街のルバーブスコーン_f0380234_14063521.jpg
入り口に置かれた蓄音機。
ステニングの街のルバーブスコーン_f0380234_14100550.jpg
ステニングの街のルバーブスコーン_f0380234_14453421.jpg
ブライトンに住む友人が教えてくれたステニングの街。
やはりローカルの人は色々と知っていますね。
因みにブライトンからは車で30分ほどでした。

ステニングの街のルバーブスコーン_f0380234_14072350.jpg
ステニングの街のルバーブスコーン_f0380234_14073377.jpg
ステニングの街のルバーブスコーン_f0380234_14071477.jpg


by atchika | 2018-10-18 14:52 | イギリスの街角からお店の紹介

イギリス在住、現役パティシエ・ショコラティエの私、渡辺ちかがお菓子と共にイギリスのお出かけ、日々の暮らし&イギリスとヨーロッパの街を紹介するブログです。ホームページ www.chikawatanabe.co.uk


by Chika
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31