人気ブログランキング |

ロンドン発祥のパイ 

Pie and Mash (パイ アンド マッシュ)と呼ばれるイギリスの定番料理がありますが、
ワーキングクラスミールとも呼ばれるこの料理は、
パイとマッシュポテトのお料理で、19世紀の西ロンドンが発祥でした。

産業革命のロンドンの空気は汚く薄汚れ、
特に、風によって住みにくい環境となったロンドンの西側には労働者階級が多く住み、
東にはハイソサエティが住み始めるようになりました。
腹持ちもよく、満腹感を得ることのできる
パイアンドマッシュが労働者層に広まったと言われています。
その名残でしょうか、今でも西ロンドンを歩いていると、パイアンドマッシュのお店を見かけます。
写真はブロードウェイマーケットロードにあるお店:F Cooke

ロンドン発祥のパイ _f0380234_17470286.jpg
ロンドン発祥のパイ _f0380234_17345395.jpeg
パイ・アンド・マッシュ!!
ロンドン発祥のパイ _f0380234_17342060.jpeg
飾り気のない学食のような(?)殺風景な店内は、今では逆に興味深く見えますね〜。
本当に何もなーい、ガラーンとしています。

ロンドン発祥のパイ _f0380234_17391150.jpg
パイの中身はミンスミートが入っていたり、チキンだったりと今でこそ種類がありますが
盛り付けは至ってシンプル。マッシュポテトにソース(むしろスープかな。。。)がついてきます。
このスープはお魚でダシをとり、パセリのみじん切り入り。
皆さん、こんな風にべちょべちょな感じで食べています。
インスタ映えはしないでしょうね。。でも素朴な味でイギリス料理を知る上で興味深い料理です。

ロンドン発祥のパイ _f0380234_17520134.jpg
そしてもう一つ。
マッシュアンドパイのお店で良く見るメニューとは。。。うなぎ!なのです。
うなぎはその当時ー1900年の初頭、汚染されたテムズの川でも生き残り、収穫高もあったようですが、
年々その量は減り、今では殆んど取れないのだそう。←ってテムズ河がそんなに汚いってこと???
今販売されているのは、テムズ産ではなくオランダ産もしくはイギリスの北部で収穫されたうなぎらしいですよ。
このうなぎが日本のように蒲焼だったら嬉しいけれど、ぶつ切りにして蒸したり、ゼリー寄せにして食するようで
蒲焼に慣れ親しんだ私には実に恐ろしい料理で、注文すらできませんでした。
ということで写真はございませんが、
代わりにうなぎを買って大騒ぎをしている若者集団の写真をご覧になってくださいね〜。
かなりはしゃいでいました!ビデオを撮ったり大はしゃぎなご様子。
勇敢な男子一人と女子一人だけが、試食しておりました〜。

ロンドン発祥のパイ _f0380234_17431333.jpg
歴史ある、一風変わったイーストロンドンのお店紹介でした。




by atchika | 2018-10-25 07:12 | イギリスの街角からお店の紹介

イギリス在住、現役パティシエ・ショコラティエの私、渡辺ちかがお菓子と共にイギリスのお出かけ、日々の暮らし&イギリスとヨーロッパの街を紹介するブログです。ホームページ www.chikawatanabe.co.uk


by Chika
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31