ジンジャーブレッドマンの出番 〜クリスマス〜

クリスマスも近くなり、
そろそろまたジンジャーブレッドマンの出番が近づいてきましたね。
まずはチェコの首都プラハのジンジャーブレッドマンから。
f0380234_20384506.jpg

発祥は古代ローマのハニーケーキから伝わったとも、
アルメニアの修道士が各地に伝えとも言われるこのお菓子は、
ヨーロッパ各地で似たようなお菓子に遭遇します。
f0380234_20390336.jpg
f0380234_17400627.jpg
とにかくため息が出るほど美しいプラハの街は、
どこを見ても絵になって、素敵すぎ〜。💕
もう一つブログが書けるくらいなので、詳しくは次回に!
f0380234_20585060.jpg
f0380234_20590578.jpg
f0380234_20582154.jpg

f0380234_20583711.jpg

以前のブログにも書きましたが、
フランスのストラスブールのパンデピースも、発祥を同じくするお菓子なのでしょうね。
スパイスが効いて、ビスケットよりもやや厚めの生地でできています。

f0380234_21135328.jpg
さてイギリスのジンジャーブレッドマンと言うと
多くは砂糖のアイシングでデコレーションされた、ジンジャーとスパイスの効いたビスケットです。
必ずと言って良いほど、3つのボタンがついたシンプルなデコレーションは可愛らしいの一言。
クリスマスには、グリム童話ヘンゼルとグレーテルのお菓子の家を思い出す
ジンジャーブレッドハウスが見られたり、お祭りの時には必ず登場します。

f0380234_20383065.jpg
紛らわしく似たようなのにジンジャーブレッドがありますが、
これはローフ形のスポンジタイプのお菓子で
ジンジャーやスパイスが効いて、紅茶にぴったりのお菓子です。
スポンジといっても、黒蜜や水分が多く入るため、
フワフワよりもどちらかと言うと弾力があるスポンジのお菓子。
余談ですが、去年三越さんの英国展に出させて頂いた時、第一候補だったのですが
チョコレートのイートンメスが最終合意に至ったのでした。

ジンジャーブレッドマンの歴史は古く15世紀とも言われていますが、
最初に文献に現れたのはエリザベス1世女王の時代。
特別なゲストにお土産としてこのビスケットが送られたそうです。
どんな箱に入ってプレゼントされたのでしょう?想像が膨らみます。


第三回プラチナブロガーコンテストを開催!
旅行・お出かけ部門に応募します。



[PR]
Commented by morinokochaorin at 2018-11-22 21:30
私はスパイスの効いたお菓子が大好きです。よくガトーショコラに色々入れて試してます。これをツリーに飾ると楽しくなりそうですね。
Commented by atchika at 2018-11-23 06:37
> morinokochaorinさん コメントありがとうございます。ガトーショコラも美味しそうですね、思わず食べたくなりました。
ツリーに飾っても可愛らしいでしょうね。色々創造が膨らみます。
by atchika | 2018-11-20 21:34 | ヨーロッパの街角からお菓子探索 | Comments(2)

イギリス在住、現役パティシエ・ショコラティエの私、渡辺ちかがお菓子と共にイギリスのお出かけ、日々の暮らし&イギリスとヨーロッパの街を紹介するブログです。ホームページ www.chikawatanabe.co.uk


by Chika
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31