人気ブログランキング |

エクルズケーキ

明けまして、おめでとうございます。
2019年も皆さんにとって素晴らしい年となりますよう、お祈り申しあげます。
いつもブログを読んでくださる方々、本当に有難うございます。
今年もどうぞ宜しくお願い致します。

先日に続き、少しナショナルベーカリースクールのコースに因んだ話題を書きたいと思います。
去年受講した生徒さんから
このエクルズケーキはとても美味しかったと大好評だった
伝統菓子エクルズケーキ。
エクルズケーキはカラントを煮詰めたフィリングをパイ生地に詰めて焼き上げるお菓子です。
1793年にジェームスバーチが最初にイギリスのエクルズの街で作り始めました。
原産地名称保護制度がない為に、どこで作られてもエクルズケーキと呼ばれます。

似たようなケーキにチョーリーケーキ(パイ生地の代わりにショートクラスとペイストリーを使用)
ブラックバーンケーキ(カラントの代わりに煮たリンゴが入ります)
バンベリーケーキ(楕円形)

去年に引き続き今年のナショナルベーカリースクールのプログラムにも登場するエクルズケーキは
とても不思議な成形の仕方をします。伝統的な作り方だそうです。
こんな風に包むなんて知りませんでした。
f0380234_09524451.jpg

去年スタフォードホテルのアフタヌーンティーでも
スコーンの隣に写ってるのが、エクルズケーキです。
スコーンに粉糖がかかっているのは別として、
アフタヌーンティーでエクルズケーキが出たのは初めてでした。
f0380234_09512311.jpg
f0380234_09511656.jpg
このホテルはグリーンパークの近くでありながら
予約の取りやすい、しかも静かなホテルでオススメです。
前のブログにも書きましたが、https://atchika.exblog.jp/29786125/
ここは17世紀に個人の邸宅として建てられ、1849年までは貴族のレイトルトン家の住居でありました。
レイトルトンはスペンサー伯爵家の娘であり、ヴィクトリア女王の子供達のナニーであった人。
故ダイアナ妃とは親戚にあたる人です。
こんな素敵な空間で食べるエクルズケーキもまた格別のお味でした。

f0380234_09512809.jpg




Commented by uneanemone at 2019-01-04 15:55
Chikaさん

明けましておめでとうございます。
何時も素敵な記事を楽しみにしています😊

今年もよろしくお願いいたします。
Commented by atchika at 2019-01-06 07:37
> uneanemoneさん
明けましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いします。
いつも私の未熟なブログを読んでくださり、
有難うございます。
私もuneanemoneさんの記事を楽しみにしています!!
Commented by oyashirochakuro at 2019-01-06 20:40
Chikaさん
あけましておめでとうございます!
今年もよろしくお願いいたします(^_^)

イベントも終わったんですね!
予定があえば行きたかったです(*^^*)

おかしの話ってなかなか聞けることがないので楽しそうです♪

また今年も楽しみに遊びに伺いま~す(^-^)/
Commented by atchika at 2019-01-09 20:24
> oyashirochakuroさん 遅れましてすみません。明けましておめでとうございます。こちらこそよろしくお願い致します。無事にイベント終わりました。皆さんのイギリス菓子へのご興味を改めて知って、また沢山のイベントを開催できればと思いました。また日本でイベントしたいです!その時は是非いらしてくださいね。
by atchika | 2019-01-04 00:00 | コース&セミナー | Comments(4)

イギリス在住、現役パティシエ・ショコラティエの私、渡辺ちかがお菓子と共にイギリスのお出かけ、日々の暮らし&イギリスとヨーロッパの街を紹介するブログです。ホームページ www.chikawatanabe.co.uk


by Chika
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30