人気ブログランキング |

ブリュッセル 追加編

先日のブリュッセルのブログのおまけ編です。
もう少し写真を出して〜のリクエストにお応えして、メモ書き程度ですが
載せることにしました。

ブリュッセル 追加編_f0380234_20200069.jpeg

ユーロスターを使えばロンドンからブリュッセルは約2時間、
出発30分前に駅に着けば良いのですが、
この時は事情があり、ロンドン〜ブリュッセルを飛行機で往復、
5時間滞在の過ごし方になります。105.png

ブリュッセルの空港の地下に国鉄が乗り入れているので、
ブリュッセルのセンター、グランプラス広場のある中央駅に20分で到着します。
(駅前が広場ではないので、ここから徒歩10分弱で広場に到着します)

ブリュッセル 追加編_f0380234_20185403.jpeg


まず絶対に行こうと決めてたグランプラス広場の角にあるセラクラースの像
これは右手を触るとご利益があると言うので、右手だけがピカピカに光っていました。
列はないけど混み合ってる写真撮影の順番を待ち、
手を触り&写真の観光が終わると←観光、これだけ?!122.pngって訳ではないですが、
10数年前に有名な小便小僧は観光したので、まずは食を優先に。
ブリュッセル 追加編_f0380234_20284080.jpeg

12時開店と同時に人気のレストランに到着です。
場所から絞ってムール貝で有名なシェ・レオン(Chez Leon)かスケルトマ(Scheltma)
スケルトマに決定。

ブリュッセル 追加編_f0380234_20191906.jpg

こちら一人分のムール貝にはフライドポテトが付いてきます。もちろん白ワインと共に110.png
ムール貝が80個くらい!現地の人はこれを一人で食べてます、驚きです〜。
海老入りのコロッケも名物というので食べてみました。(写真奥)
美味しかったけど、普通の海老コロッケかな?!

ブリュッセル 追加編_f0380234_20193156.jpeg

昼食後はこのレストランのそばに入り口がある
アーケード:ギャルリー・サン・チュベールに向かいます。
1847年に完成したヨーロッパで最も古いギャルリーの一つですが
ブティック、アンティークショップ、カフェが並び時間の無い旅には持ってこいですね。

ブリュッセル 追加編_f0380234_20270233.jpg

Meertはフランスのお菓子屋さんですが、ブリュッセルには沢山フランス菓子店を見る事ができます。
ブリュッセル 追加編_f0380234_20201898.jpeg
ブリュッセル 追加編_f0380234_20202972.jpg

ベルギーチョコレートの専門店、Debailleul
写真がないけど、パッケージがとっても可愛らしいです。
ブリュッセル 追加編_f0380234_20190857.jpg

ベルギーチョコレートの専門店 Corne
ブリュッセル 追加編_f0380234_20194152.jpeg

小物が可愛らしかったので写真だけ。
ブリュッセル 追加編_f0380234_20195092.jpeg

前のブログに書いたダンドワ はこの広場付近に数件ありますが、
このアーケード内の支店は席数は少ないですが比較的空いています。
他店と違い、お洒落な雰囲気の店内です。

ブリュッセル 追加編_f0380234_20484205.jpeg

グランプラスの広場を囲むようにして大手メーカーのメリーチョコレート、ガレー、ゴディバ、
ビール博物館、チョコレート博物館も見所です。

今回は時間に制約があり個人経営のお菓子屋さんを巡る事が出来ませんでしたが、
コンパクトにまとまったお菓子の旅に加えるのは楽しい気がします。
イギリスとは違うお菓子を見るのも楽しいですね。
自粛中のお家の過ごし方、次の旅行の計画などどうでしょう?
ロンドンから日帰りも可能な都市として旅の楽しみに加えてみてください。
また近い将来行けるといいなぁ。気持ちは前向きに❣️


更新を通知する


by atchika | 2020-05-04 20:55 | ヨーロッパの街角からお菓子探索

イギリス在住、現役パティシエ・ショコラティエの私、渡辺ちかがお菓子と共にイギリスのお出かけ、日々の暮らし&イギリスとヨーロッパの街を紹介するブログです。ホームページ www.chikawatanabe.co.uk


by Chika
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31